知らなきゃ損!冬の北海道旅行 スカイマークLCC(格安航空社)の落とし穴


旅行費用を安く抑えたい気持ちはわかりますが、冬の北海道への飛行機は注意が必要です。
冬の北海道は、大雪や吹雪などで飛行機が欠航することがあります。
また、出発地を離陸したものの北海道が天候不良で着陸できず引き返すこともあります。



20110112air-13-IMG_1946-thumb-600xauto-457.jpg
http://www.pkan.net/blogs/air/2011/01/snow-b747.html


このように、目的地が天候不良の際、スカイマークやジェットスター、バニラエア、ピーチなどのLCC(格安航空会社)は、欠航が決まるのが早いです。
それに比べANA(全日空)、JAL(日本航空)は、天候回復の見込みがあるようなら遅延、場合によっては条件付きで運行してくれます。



管理人は神戸空港から新千歳空港へ行く際、スカイマークは朝一の便から欠航しましたが、ANA(全日空)は5時間遅れで離陸し、無事着陸することができました。


往路の飛行機が欠航したら予定を変更するか、翌日に出発するか、しかありません。
予定を変更するとなると宿泊先のキャンセル料の問題もでてきます。
翌日に出発するにしてもせっかくの北海道旅行が1泊短くなる上、1泊分の宿泊料がキャンセル扱いになる可能性もあります。
(悪天候による飛行機の欠航の場合は、宿泊先と交渉しましょう)


また、反対に復路も同じで飛行機の欠航により延泊が必要になります。
大雪や吹雪などの悪天候による欠航は、不可抗力なので宿泊代などの補償はありませんので自腹になります。
せっかくの北海道旅行だから最終便で帰ろうと思っている人が多いでしょうが最終便だと後がありませんので気を付けましょう。
さらに、帰宅後の翌日の予定も変更せざるおえなくなります。


なにはともあれ旅行の計画は、余裕をもって!


【北海道スキー 格安の最新記事】
posted by 北海道スキー at 18:59 | 北海道スキー 格安